東京国際映画祭特集
東京国際映画祭特集

世界中から厳選されたハイクオリティなプレミア作品が集結する、大規模な映画の祭典!
過去上映作品を中心に厳選してご紹介します。

洋画

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー

【第31回上映 “映像 百花繚乱”上映会】
勇気も、男気も、銀河一。

スター・ウォーズ屈指の人気を誇るハン・ソロは、いかにして愛すべき悪党<ハン・ソロ>となったのか?銀河一のパイロットを目指すハン・ソロと、生涯の相棒チューバッカ、そして愛機ミレニアム・ファルコン号との運命の出会いとは?幼なじみの美女キーラや悪友ランドらと共にカリスマ性を持つ謎の男ベケットのチームに加わり、 “自由”を手に入れるため危険なミッションに挑む。果たして彼らは次々と迫る危機をどう乗り切るのか!?ルークやレイアと出会う前、若きハン・ソロの想像を超えた知られざる物語を描くアクション超大作!

ダンガル きっと、つよくなる

ダンガル きっと、つよくなる

【第31回上映 Cinema Athletic 31 映画はスポーツだ!スポーツは映画だ!】
実話を基にインド映画世界興収史上No.1大ヒットを記録した感動超大作。

誰よりもレスリングを愛し、インドの国内チャンピオンにまで上りつめたマハヴィル(アーミル・カーン)。母国に初の金メダルをもたらす夢を長女ギータと次女バビータに託す。女の子がレスリングなんてあり得ないと、たちまち町の笑い者となるが、マハヴィルは過酷な特訓を止めない。体力も気力も限界に達したギータとバビータは止めたいと懇願するが、弱い立場の女性や子供、そして自分たちの未来を想う父親の姿に心を打たれ、考えを改める。才能を急速に開花させ、驚異の快進撃で、晴れてインド代表となったギータ。国立スポーツ・アカデミーに入団するが、そこで待っていたのは、「父親の教えは一切忘れろ!」というコーチからの指導だった。いままで築き上げてきた父親との絆がもろくも崩れてしまうのか?金メダルを懸けた国際大会を目前に、試練の場を迎える―。

ぼくの名前はズッキーニ

ぼくの名前はズッキーニ

【第31回上映】
この世界で、ぼくはひとりじゃなかった。
第89回アカデミー賞長編アニメーション部門にノミネートされたストップモーション・アニメーションの新たな傑作

いつも屋根裏部屋でひとりで絵を描いて遊んでいる少年イカールは、ママと二人暮らし。パパが“若い雌鳥(女性)”のもとに去ってしまってから、ママはビールを飲んでは怒ってばかり。ある日、いつものようにビールの缶でタワーを作って遊んでいる時、ママは不慮の事故に遭い、帰らぬ人になってしまう。事故を担当した警察官のレイモンは、ママがつけた“ズッキーニ”という愛称を大切にしているイカールを不憫に思いながらも、孤児院「フォンテーヌ園」に連れていく…。

スリー・ビルボード

スリー・ビルボード

【第30回上映】 特別招待作品
その看板広告(ビルボード)は、嵐の前触れだった——。

アメリカのミズーリ州の田舎町を貫く道路に並ぶ、3枚の広告看板。そこには、地元警察への批判メッセージが書かれていた。7カ月前に何者かに娘を殺されたミルドレッドが、何の進展もない捜査状況に腹を立て、警察署長にケンカを売ったのだ。署長を敬愛する部下や、町の人々から抗議を受けるも、一歩も引かないミルドレッド。町中が彼女を敵視するなか、次々と不穏な事件が起こり始め、事態は予想外の方向へと向かい始める……。

ベイマックス

ベイマックス

【第27回上映 オープニング作品】
かけがえのない絆と限りない勇気を描いた、感動のアドベンチャー!

第87回東京国際映画祭で『ベイマックス』が長編アニメーション賞を受賞したメガヒット・エンターテイメントがついに登場!孤独な少年と彼を守ろうとする戦えないケア・ロボットの、かけがえのない絆と限りない勇気を描いた感動アドベンチャー。一度では味わえきれないほどの世界観と、魅力あふれるキャラクター達。そして何度見ても感動と興奮がどちらも味わえる評判のストーリーなど、あらゆる楽しさが詰まったエンターテイメントの決定版!ひとりぼっちの天才少年ヒロは、亡き兄が人々の心と体を守るために作ったケア・ロボットのベイマックスと共に、危険を冒して兄の死の真相を探る。人を傷つけることを禁じられたベイマックスは、大切なヒロを守り切れるのか!?

トム・アット・ザ・ファーム

トム・アット・ザ・ファーム

【第26回上映】
カンヌ国際映画祭コンペ部門審査員特別賞に選ばれた弱冠25歳の美しき天才、グザヴィエ・ドラン監督・主演。

僕たちは、愛し方を学ぶ前に、嘘のつき方を覚えた。 『わたしはロランス』で世界を魅了し、最新作『Mommy(原題)』で、J.L.ゴダールの作品と共に第67回カンヌ国際映画祭コンペティション部門審査員特別賞に選ばれた弱冠25歳の美しき天才、グザヴィエ・ドラン監督・主演。息の詰まるような、愛のサイコサスペンス。

最強のふたり

最強のふたり

【第24回上映 東京サクラグランプリ】
欧州を中心に大ヒットを博した傑作ドラマ。スラム街出身の黒人青年と車イスの大富豪との友情をユーモラスに描く。

スラム街出身の黒人青年ドリス。かたやパリの豪邸に住む大富豪フィリップ。何もかもが正反対のふたりが、事故で首から下が麻痺したフィリップの介護者選びの面接で出会った。他人の同情にウンザリしていたフィリップは、不採用の証明書でもらえる失業手当が目当てというフザケたドリスを採用する。ふたりは衝突を繰り返しながらも互いを受け入れ、ユーモアに富んだ最強の友情を育んでいく。

サラの鍵

サラの鍵

【第23回上映 最優秀監督賞/観客賞 受賞】
1942年にパリで起きたユダヤ人迫害事件。その悲劇の真相を追う、アメリカ人女性記者の奔走を描く戦争ドラマ。

1942年、ナチス占領下のパリで行われたユダヤ人迫害。それから約60年後、ジャーナリストのジュリアは、アウシュビッツに送られた家族について取材するうちに、収容所から逃亡した少女サラについての秘密を知る。サラが自分の弟を守ろうと、納戸に鍵をかけて弟を隠したこと。そして、そのアパートは現在のジュリアのアパートだったこと。時を超え、明らかになった悲しい真実がジュリアの運命を変えていく。

チャーリーズ・エンジェル

チャーリーズ・エンジェル

【第13回上映 クロージング作品】
謎のボス“チャーリー”のもとに、最高の頭脳と強さを持つ3人の美しいエージェントが集結した!

ノックス・テクノロジー社の創立者、エリック・ノックスが、完成間近の〈音声識別ソフト〉ごと誘拐された。依頼人は、ノックス社の美人社長、ビビアン。エンジェルたちは得意の変装を活かした潜入捜査を開始。空から、海から、狙いをつけた犯人を追いつめる。果たして、敵の本当の狙いとは…?

初恋のきた道

初恋のきた道

【第13回上映】
言葉にできない想いの数が、ひと皿ふら皿増えてゆく。切なさに胸ふるえる清冽なラブ・ストーリー。

華北の美しい村に、ある日都会から若い教師がやってくる。そんな彼に恋心を抱いた18歳の少女。彼女は言葉に出来ない想いを料理を作ることで伝えようとする。そんな想いが彼に届くが、時代の波が押し寄せ2人は離れ離れに。少女は町へと続く一本道で、来る日も来る日も愛する彼を待ちつづけるのだが…。

アルマゲドン

アルマゲドン

【第11回上映 オープニング作品】
集結せよ。 地球最期の日、60億の明日はたった14人に託された。

テキサス州と同じ大きさの巨大アステロイド(小惑星)が、時速35,000キロのスピードで地球に接近していた。衝突すれば確実に地球は全滅する。人類が生き残る方法は唯ひとつ。小惑星の地下深くで核爆発を起こし、その軌道を変えるのだ。このミッション遂行のため選ばれたのは、6人の宇宙飛行士と、8人の石油採掘のプロフェッショナル達だった。残された時間はあとわずか。終焉へのカウントダウンの中、彼達は全人類の希望を背負いついに宇宙へと飛び立った ・・・。

タイタニック

タイタニック

【第10回上映 オープニング作品】
巨匠J・キャメロン、L・ディカプリオ、K・ウィンスレット競演! 世紀の大ヒット・ラブ・ロマンス。

作品賞を含む全11部門でオスカー獲得! 巨匠ジェームズ・キャメロンが、レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレットの二大スターを競演に迎えて放つ空前の大ヒット・ラブ・ロマンス。1912年、極寒の北大西洋に沈没した豪華客船タイタニック号の悲劇を、船上で出会った若き恋人たちの運命と共に描き出す。1912年4月10日、世紀の豪華客船タイタニック号は、世界のセレブたちを乗せ出港した。17歳の娘ローズは、フィアンセで大資産家キャルと共に乗船したが心はうつろだった。一方、賭けに勝い、タイタニック号の三等切符を手に入れた画家志望のジャックは、憧れのアメリカへ渡れる喜びに酔っていた。そして甲板でスケッチをしている時、ローズに出会い、その美しさに心惹かれる。

めぐり逢えたら

めぐり逢えたら

【第6回上映】
きっといる、運命の人。恋はクリスマス・イブに始まり、愛はバレンタイン・デーに訪れる。

最愛の妻を失ってい以来、夜も眠れないほどの哀しみに沈むサムは、息子のジョナとともに寂しいクリスマス・イブを迎えようとしていた。父を気づかうジョナはラジオの人生相談に電話し、「パパに新しい奥さんを」とリクエスト。息子に続いてしぶしぶ電話口に出たサムはやるせない胸の内を切々と告白、アメリカ中の涙を誘う。遠く離れたボルチモアで放送を聴いたアニーも、サムの告白に涙した一人。結婚を間近に控えたアニーだが、まるで運命の“マジック”に操られるように見ず知らずのサムに魅かれていく。そしてバレンタインの夜、ついに愛の奇跡が訪れた……。

邦画

リバーズ・エッジ

リバーズ・エッジ

【第31回上映】 Japan Now
河原に放置された“死体”がつなぐ、秘密の共有とゆがんだ絆。

若草ハルナ(二階堂ふみ)は、彼氏の観音崎(上杉柊平)が苛める山田(吉沢亮)を助けたことをきっかけに、夜の河原へ誘われ放置された<死体>を目にする。「これを見ると勇気が出るんだ」と言う山田に絶句するハルナ。さらに、宝物として死体の存在を共有しているという後輩でモデルのこずえ(SUMIRE)が現れ、3人は決して恋愛には発展しない特異な友情で結ばれていく。 ゲイであることを隠し街では売春をする山田、そんな山田に過激な愛情を募らせるカンナ(森川葵)、暴力の衝動を押さえられない観音崎、大量の食糧を口にしては吐くこずえ、観音崎と体の関係を重ねるハルナの友人ルミ(土居志央梨)。 閉ざされた学校の淀んだ日常の中で、それぞれが爆発寸前の何かを膨らませていた。そうした彼らの愛憎や孤独に巻き込まれ、強くあろうとするハルナもまた、何物にも執着が持てない空虚さを抱えていた。そんなある日、ハルナは新しい死体を見つけたという報せを、山田から受ける…。

勝手にふるえてろ

勝手にふるえてろ

【第30回上映】 コンペティション
2人の彼氏(?)の間で揺れながら傷だらけの現実を突き抜ける暴走ラブコメディ!

24歳のOLヨシカは中学の同級生”イチ”へ10年間片思い中!過去のイチとの思い出を召喚したり、趣味である絶滅した動物について夜通し調べたり、博物館からアンモナイトを払い下げてもらったりと、1人忙しい毎日。そんなヨシカの前へ会社の同期で熱烈に愛してくれる”リアル恋愛”の彼氏”ニ”が突如現れた!!「人生初告られた!」とテンションがあがるも、いまいちニとの関係に乗り切れないヨシカ。 ”脳内片思い”と”リアル恋愛”の2人の彼氏、理想と現実、どちらも欲しいし、どっちも欲しくない… 恋愛に臆病で、片思い経験しかないヨシカが、もがき、苦しみながら本当の自分を解き放つ!!

湯を沸かすほどの熱い愛

湯を沸かすほどの熱い愛

【第29回上映】 第40回日本アカデミー賞 最優秀主演女優賞/最優秀助演女優賞W受賞!!
死にゆく母の熱い思いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語!

銭湯・幸の湯を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら娘を育てていた。そんなある日突然、余命2ヶ月という宣告を受ける。その日から彼女は「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。

湯を沸かすほどの熱い愛

湯を沸かすほどの熱い愛

【第29回上映】 第40回日本アカデミー賞 最優秀主演女優賞/最優秀助演女優賞W受賞!!
死にゆく母の熱い思いと、想像もつかない驚きのラストに、涙と生きる力がほとばしる家族の愛の物語!

銭湯・幸の湯を営む幸野家。しかし、父が1年前にふらっと出奔し銭湯は休業状態。母・双葉は、持ち前の明るさと強さで、パートをしながら娘を育てていた。そんなある日突然、余命2ヶ月という宣告を受ける。その日から彼女は「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行していく。

滝を見にいく

滝を見にいく

【第27回上映 スペシャル・メンション】
おばちゃんたちが大自然の中で悪戦苦闘する元気いっぱいのアドベンチャー・コメディ!

幻の滝を見にいく温泉付き紅葉ツアーに参加した7人のおばちゃんたち。現地に到着した彼女たちは、頼りないガイドと一緒に、滝を目指して山登りを始める。木の実を摘んだり、写真を撮ったり、おしゃべりしたり、それぞれの楽しみ方で山道を進む7人。ところが、先に見に行ったガイドがいつまでたっても戻らない。「ねえ、遅くない?」「迷ってたりして」。気がつけばおばちゃんたちは山の中に取り残されていた!携帯は圏外。食糧もなければ寝床もない。突然のサバイバル生活に放り出されたおばちゃんたちは、果たして人生最大のピンチを乗り切れるのか?

ブタがいた教室

ブタがいた教室

【第21回上映 審査員賞/観客賞 受賞】
ブタを育てて、みんなで食べよう!妻夫木聡が体当たりで教師役に挑んだ実話の映画化。

新米教師の星先生は6年2組の26人の子供たちと一緒に卒業までの一年間「食べる約束」で子ブタを飼い始める。しかし毎日世話をする中で芽生える愛情。そして迎える卒業式。「食べる、食べない」。大激論の末、彼らが出した“答え”とは?
6年2組を担当することになった、新米教師・星(妻夫木聡)はクラスでブタを育てて食べることを提案し、戸惑っていた生徒たちも、次第に「Pちゃん」と名付け可愛がりながら世話を始める。卒業式で迎える生徒たちの大論争は、なんと、脚本のないリアルな衝突。セリフと結末がすべて白紙の中、出演する子供たちの演技は見物である。「食」に関して、子供から大人まで学べる感動作!

怒り

怒り

【Japan Now 銀幕のミューズたち】 第40回日本アカデミー賞 最多11部門受賞!
あなたは殺人犯ですか?

ある夏の暑い日に八王子で夫婦殺人事件が起こった。現場には、『怒』の血文字が残されていた。犯人は行方をくらました。事件から一年後。千葉と東京と沖縄に、素性の知れない3人の男が現れた。千葉――3か月前に突然家出をした愛子を連れて帰った父・洋平は、千葉の漁港で働く。8年前に妻を亡くしてから、男手一つで娘を育ててきた。愛子は、2か月前から漁港で働きはじめた田代に出会った。東京――大手通信会社に勤める優馬は、日中は仕事に忙殺され、夜はクラブで出会う男と一夜限りの関係を続けていた。彼には末期がんを患う余命わずかな母がいた。ある日、優馬は新宿で直人に出会った。沖縄――男と問題を起こした母と、夜逃げ同然で離島に移り住んできた高校生の泉。ある日、無人島でバックパッカーの田中に遭遇した。殺人犯を追う警察は、新たな手配写真を公開した。その顔は、出会った男に似ていた。

愚行録

愚行録

【Japan Now 銀幕のミューズたち】
予想を覆す展開に圧倒的な衝撃が走るミステリーエンタテインメント!

エリートサラリーマンの夫、美人で完璧な妻、そして可愛い一人娘の田向(たこう)一家。絵に描いたように幸せな家族を襲った一家惨殺事件は迷宮入りしたまま一年が過ぎた。週刊誌の記者である田中は、改めて事件の真相に迫ろうと取材を開始する。
 殺害された夫・田向浩樹の会社同僚の渡辺正人。 妻・友希恵の大学同期であった宮村淳子。 その淳子の恋人であった尾形孝之。そして、大学時代の浩樹と付き合っていた稲村恵美。ところが、関係者たちの証言から浮かび上がってきたのは、理想的と思われた夫婦の見た目からはかけ離れた実像、そして、証言者たち自らの思いもよらない姿であった。その一方で、田中も問題を抱えている。妹の光子が育児放棄の疑いで逮捕されていたのだ――。

かぞくのくに

かぞくのくに

【Japan Now 銀幕のミューズたち】
在日二世ヤン・ヨンヒ監督の実体験を綴った傑作ドラマ。北朝鮮と日本に分断された一家の悲劇を描く。

日本で生まれ育った在日コリアン二世のリエには、帰国事業で北朝鮮へと渡った兄・ソンホがいた。25年もの間、家族と離れて暮らしてきたソンホだったが、病気治療のため特別に来日が認められる。一家は久々の再会を喜ぶものの、ソンホには監視役の同胞が常につきまとっていた。家族を分断した国と国との現実に戸惑いつつも、兄との空白の時間を埋めるリエだったが、そんな折、兄に突然の帰国命令が下る。

はじまりのみち

はじまりのみち

【映画監督 原 恵一の世界】
名アニメーター・原恵一が初の実写に挑み、巨匠・木下恵介の挫折と再生の物語を描いた感動作。

時は戦中。政府から戦意高揚の映画作りが要求された時代。映画監督・木下惠介が昭和19年に手掛けた『陸軍』は、その役割を果たしていないとして当局からにらまれ、次の映画の製作を中止にさせられてしまう。夢を失った恵介は松竹に辞表を提出、病気で倒れた母たまが療養している浜松市の気賀に向かう。失意の中、恵介は母に「これからは本名の木下正吉に戻る」と告げる。

河童のクゥと夏休み

河童のクゥと夏休み

【映画監督 原 恵一の世界】
5年の制作期間を経て完成させた感動のアニメ超大作! 現代によみがえった河童と少年のひと夏の交流を美しい日本の風景の中に描く。

夏休み前のある日、康一は学校の帰り道で大きな石を見つける。石を持ち帰り水で洗うと、中からなんと河童の子供が!人間の言葉を話し、何百年も地中に閉じこめられていた河童を、康一は鳴き声から「クゥ」と命名。最初は驚いた両親や妹もクゥを受け入れ、家族だけの秘密にして一緒に暮らし始める。だがそんなある日、クゥが突然「仲間のところへ帰る」と言いだす。康一はクゥを連れ、河童伝説の残る岩手県・遠野へ向かうが…。

影武者

影武者

【黒澤明、カンヌ受賞傑作 日本映画クラシックス】

武田信玄の遺言により、信玄の影武者が誕生する。素性が盗人ではとうてい勤まりそうになかったが、信玄の密葬に感動してからは立派に勤めを果たそうとする。他方、家康と信長の生死をさぐる陽動作戦に出るが、一子・勝頼はそれを迎え撃ち勝利する。喜びもつかの間、信玄の愛馬から落馬したことで影武者である事が暴露されてしまう……。主役交代劇、主役を除く全配役のオーディション、200枚におよぶ水彩画絵コンテ、特別に許可がおりた国宝級の城の撮影。製作発表から完成までに、多くの話題を集めながら、華麗でダイナミックな重量級の戦国絵巻が誕生した。1980年度カンヌ国際映画祭グランプリに輝く超大作。