WOWOW「連続ドラマW」特集

人気の高い原作、実力派スタッフで贈る!WOWOW独自のドラマ製作プロジェクトドラマWシリーズ。
見応えがっちり!大人のための本格的社会派ドラマ「連続ドラマW」のおすすめ作品をご紹介。

 

サスペンス

ソドムの林檎~ロトを殺した娘たち

ソドムの林檎~ロトを殺した娘たち

人が求める美しさとは一体!?多くの人が持つ心の闇を鋭く描く

編集者の万里(木村文乃)は、口論が原因で別れた元恋人・義雄が自殺したことを聞き驚く。さらに万里は、葬儀の場で婚約をしていた女性がいたことを知る。彼女の名は宮村恵(寺島しのぶ)。婚活サイトで知り合ったという恵が気になった万里は、男性(父親・奥田瑛二)を装い、サイトに登録する。やがてコンタクトに成功し、恵のマンションに向かった万里が見たのは、独特の風貌と“匂い”がする恵が警察に連行される姿だった。裁判を傍聴するたびに恵にのめり込んでいった万里は、その動機を探るため、スポーツ紙の記者・健吾(溝端淳平)と共に彼女の生まれ故郷の島に赴く。恵の生家はカクレキリシタンの子孫が住む集落にあった。恵の級友によると、10代の頃の彼女(石橋杏奈)は“島一番の美少女”だったという。現在の風貌からは想像がつかない情報に驚く2人。何が恵の運命をゆがめたのか?そしてその島の教会で、万里はある絵を見つける。老いた男に侍る2人の裸婦。その絵から浮かび上がる恐るべき疑惑とは…!?

ヒトリシズカ

ヒトリシズカ

「ストロベリーナイト」の誉田哲也原作
5つの殺人事件の背後に見え隠れする、ひとりの少女の幻影…。

住宅街のアパートで、男が、押し入ってきた別の男に射殺される事件が発生する。現場近くに勤務する巡査部長の木崎が銃声を聞いて駆けつけると、先輩の大村がすでに現場に入っていた。聞き込みや鑑識の結果から容疑者が絞られていくが、木崎は事件の裏にある何かを感じていた。やがて、事件への関与が疑われるあるひとりの少女の影が浮かび上がってくる…。

東野圭吾「分身」

東野圭吾「分身」

わたしと同じ、あなたは誰ですか。
長澤まさみ、東野圭吾ミステリーで一人二役に挑戦

札幌に住む女子大生・鞠子(長澤まさみ)は、母からなぜかあまり愛された記憶がなく、さらには、その母が火事で不審死した過去を持つ。ある日、出生の秘密を探り始めた鞠子は、自分とまったく同じ顔、姿形をした女性・双葉(長澤まさみ[二役])の存在を知った。彼女は、単なる「双子」という範疇を越え、まさに自分そのものであった。 鞠子は、その謎を解き明かすことを決意、行く先々に立ちはだかるさまざまな人々の思惑を乗り越えながら真相に近づいていく。一方、東京では、双葉も自分の存在に疑問を持ち始めていた。そして、ついに鞠子と双葉が出会った時、生命工学の禁断の領域が姿を現わし始める…。

贖罪

贖罪

連鎖する悲劇を描き、人間誰もが隠し持つ毒や心の闇を描ききった作品。

「贖罪」はデビュー作「告白」文庫版が200万部を突破し、映画も大ヒットを記録した湊かなえの3作目の小説。連鎖する悲劇を5人の女性の視点で描き、人間誰もが隠し持つ毒や心の闇を描ききった作品は、またも世に衝撃を与えた。小泉が演じるのは、小学生の娘を殺された母・麻子。15年の時をまたいだ悲劇の中心で、周囲に激情をぶつけ、やがて運命に翻弄されていくひとりの女性を鮮烈に演じる。また、小学生のときに事件を目撃し、「償い」の思いを抱えたまま成長した4人を演じるのは、蒼井優、小池栄子、安藤サクラ、池脇千鶴という演技派女優たち。4人がそれぞれの心の闇に翻弄され、悲劇を引き起こすまでを、どう演じていくかが大きなみどころ。そのほかにも、豪華キャストが集結し、迫真のミステリーを彩る。作品の演出を手がけるのは、『トウキョウソナタ』(2008年)他、数々の作品で世界的に高い評価を得ている黒沢清監督。女性たちはなぜ悲劇を連鎖させてしまうのか、「贖罪」とは何か、作品が投げかけるテーマに挑む。

 

罪と罰

罪と罰

世界文学史上に残る名作、ドストエフスキーの「罪と罰」の実写映像化に挑む!

世界文学史上に残る名作、ドストエフスキーの「罪と罰」。重厚な哲学的テーマをもち、スリリングなサスペンスでもある大作の、実写映像化に挑む!基になるのは、落合尚之が原作を現代日本におきかえて翻案した漫画「罪と罰AFalsifiedRomance」。ひきこもり、援助交際などさまざまな事象を巧みに取り入れ、歴史的名作を見事に現代社会と融合させた傑作コミックだ。罪を犯す主人公・裁弥勒(たちみろく)を演じるのは注目株・高良健吾。不幸中毒の一面と聖母像をあわせもつ複雑なヒロイン飴屋英知香(あめやえちか)役は、人気女優の水川あさみ。ほか、今注目の実力派俳優陣が揃っている。

ダブルフェイス

ダブルフェイス

香川照之×西島秀俊主演!大ヒット香港映画『インファナル・アフェア』をTBSとWOWOWが共同リメイク!!

大ヒット香港映画『インファナル・アフェア』をTBSとWOWOWが共同でリメイク。2本制作されたうちのTBS版『ダブルフェイス 潜入捜査編』の主人公は、闇組織の中で警察の潜入捜査官として生きる森屋純(西島秀俊)。その森屋純と、エリート警察官ながら実は闇組織のスパイである高山亮介(香川照之)。善と悪、光と陰、表と裏、2つの顔を持った2人の男の運命をシリアスかつダイナミックに描く。

MOZU Season1~百舌の叫ぶ夜~

MOZU Season1~百舌の叫ぶ夜~

原作は逢坂剛の人気小説。
『ダブルフェイス』の西島秀俊&香川照之と羽住英一郎監督が映像化に挑む!

TBS×WOWOW共同制作の第2弾!監督は前作『ダブルフェイス』と同じ羽住英一郎で、「映像化不可能」と言われてきた逢坂剛のハードボイルド小説をTVドラマ化する。両局が総力を結集させ、前回を遥かに越えるスケールで原作の世界観を描く。  主演は西島秀俊。妻が犠牲になった爆発事件の真相を追う公安のエース・倉木尚武役を演じる。そして、直情怪行型の捜査第一課刑事・大杉良太役には、香川照之。『ダブルフェイス』では相対する役で緊迫感溢れる演技をみせた西島と香川だが、『MOZU』ではどのような化学反応が起きるのか。さらには、存在感あふれる演技が印象的な真木よう子が公安の女性刑事・美希を演じ、男性目線になりがちな警察内部のストーリーに凛とした強い華を添える。共演は生瀬勝久、吉田鋼太郎、伊藤淳史、有村架純、長谷川博己ほか。

MOZU Season2~幻の翼~

MOZU Season2~幻の翼~

「MOZU Season1~百舌の叫ぶ夜~」に続く、
待望の続編!前作から半年後を舞台に新たな巨悪に立ち向かう。

革新的な映像世界と本格アクション、そして重厚な人間ドラマが大きな反響を呼び多くのファンに支持された「MOZUSeason1~百舌の叫ぶ夜~」。その続編となるSeason2を配信!西島秀俊、香川照之、真木よう子らSeason1からのキャストに加え、新たに蒼井優、佐野史郎が登場。演出は引き続き羽住監督が全話を担当する。  舞台はSeason1のラストから半年後。亡き妻が関わった警察の極秘任務「グラークα」作戦の真実を執念で追い続ける公安のエース・倉木尚武(西島秀俊)の前に、新たな巨悪が立ちはだかる。

シリウスの道

シリウスの道

企業ドラマとしても興味深い、圧倒的スケールと生きる力にあふれた大型サスペンス。

大手広告代理店・東邦広告の営業部副部長・辰村祐介には、明子、勝哉という2人の幼馴染がいた。3人の間には明子の父親の死因に関するある秘密があり決して再び会わないと誓い合っていたが、25年後の今になって明子のもとに何者からか、その秘密をネタにした脅迫状が届く。一方、その頃、辰村の部署では予算18億円という大型案件の獲得プロジェクトが始動した。辰村は、個性的なメンバーとともにコンペの勝利に向け邁進するが、それを妬む社内の妨害や、ライバル会社との熾烈な争いが続く。やがて、辰村は、そのプロジェクトが自らの過去の秘密とある一本の糸で繋がれていることを知り…。

マークスの山

マークスの山

元暴力団員の殺人事件の担当となった捜査一課七係の合田雄一郎警部補は…。

閑静な住宅街で起こった元暴力団員・畠山(池田成志)の殺人事件。事件の担当となった捜査一課七係の合田雄一郎警部補(上川隆也)は、生前の畠山の足取りを追うが糸口を掴めずにいた。時を置かずして、法務省官僚である松井(矢島健一)が殺されるという事件が起こるが、その傷口は畠山の事件のものと酷似しており、事件は連続殺人へと発展したかに見えた。だが警察上層部からは「合同捜査はなし」という不可解な命令が下る。合田は大学時代の同期であり元妻の兄でもある東京地検検事・加納(石黒賢)に事情を求めるが「上の命令に従え」と拒まれ、合田たちの捜査は困難を極めていく。一方、医療刑務所を出所した謎の青年・水沢(高良健吾)は、恋人であり看護師の真知子(戸田菜穂)の元に身を寄せていたが、彼が時折漏らす「暗い山」という言葉の影には何かしら秘密めいたものが感じられていた。「週刊潮流」の記者である根来(小西真奈美)は、建設会社社長の佐伯(佐野史郎)の贈賄容疑を取材していたが、編集長の滝沢(相島一之)から畠山の殺害事件を追いかけるよう命令を受ける。そして、行き詰る捜査の中で浮上した参考人の中には、畠山の前科事件の公判を担当した弁護士の林原(小日向文世)もいた…。巧妙に張り巡らされた“組織の圧力”。意地とプライドにかけて“見えない敵”を追い続ける刑事たち。果たして「マークス」とは、いったい何なのか?

長い長い殺人

長い長い殺人

原作は100万部を記録した宮部みゆきの同名小説。上質かつ異色なヒューマンサスペンス

暴走車に轢かれ、頭部を殴打された男の死体が発見された。被害者の妻・法子(伊藤裕子)は愛人がいる派手好きな女、しかも夫に3億円の保険金をかけていたことが発覚する。世間やマスコミは法子と愛人・塚田(谷原章介)に疑惑の目を向けるが、2人のアリバイは完璧だった。そして事件を担当する所轄刑事の響(長塚京三)、探偵の河野(仲村トオル)は不可解な連続殺人事件へ巻き込まれていく。

MBO(マネジメント・バイアウト)

MBO(マネジメント・バイアウト)

MBO=経営陣による企業経営権争奪を題材にした、タイムリーな大人向けサスペンス

ギャラクシー・デパートの社長・小野里(三上博史)は、グループの総帥・成海(平幹二朗)に非常勤取締役への昇進を促される。それは社長解任と大幅な給料削減を意味していた。しかも、同業他社に転職しない旨の誓約書を突きつけられる。弁護士・大木(森口瑤子)は、投資家を見つけてグループ株の過半数を取得し、経営権を争奪するMBOを提案する。最初は真に受けない小野里だったが…。

 

ヒューマンドラマ

鍵のない夢を見る

鍵のない夢を見る

直木賞受賞作、辻村深月著「鍵のない夢を見る」の連続ドラマ化
5人の女優たちが競演する全5話のオムニバスドラマ。

彼女たち主人公は、罪の近くで生き、罪の中で過ごしている。「こんなはずじゃなかった」「どうしてこんなことになってしまったのだろう…。」現代の地方都市の閉塞感を背景に、ささやかな欲望と闘うありふれた人々が奈落に転がり落ちていくさまを描く。

なぜ君は絶望と闘えたのか

なぜ君は絶望と闘えたのか

18歳の少年に最愛の妻子を殺された青年と、
孤独なジャーナリストが織り成すヒューマンストーリー。

1999年夏。週刊誌記者の北川慎一(江口洋介)は、無惨にも18歳の少年に妻子を奪われた青年、町田道彦(眞島秀和)の取材へ足を運んだ。妻子を奪った少年は、法律によって手厚く守られているが、被害者の心の傷は生涯癒えることはなく、国や司法から蔑ろにされている。無念と孤独に押しつぶされそうになっていた町田の激情に触れた北川は、犯人の実名を書いた手記を出さないかと提案する―。

三谷幸喜「short cut」

三谷幸喜「short cut」

夫婦の会話を通し、笑いとほんのちょっとの涙の中に
「夫婦とは何か」「人生とは何か」を問う。

男はエリートサラリーマン。女はその妻で広告会社勤務のキャリアウーマン。二人は結婚して10年。お互い仕事が忙しく、すでに夫婦関係は完全に冷め切っている。妻の祖父の葬儀の帰り、山道に迷い込んだ二人。周囲に誰もいない山奥で、気兼ねなくののしり合う喪服姿の夫婦。果てしない口げんかの末、徐々に二人の関係に変化が訪れる。

尾根のかなたに~父と息子の日航機墜落事故~

尾根のかなたに~父と息子の日航機墜落事故~

「生きてきた証」と「父と子の絆」を描く感動のヒューマンドラマ。

1985年8月12日。日本航空123便が墜落、乗員乗客520名の犠牲者を出した。この事故で親を失った息子たちを中心に、絶望から這い上がった3つの家族の27年を前・後編で描くスペシャルドラマをお届けする。原作は「なぜ君は絶望と闘えたのか」の著者・門田隆将によるノンフィクション。原作をもとにフィクションで描いていく。ドラマW初登場の伊勢谷友介ら、豪華キャストに加え、監督に映画『沈まぬ太陽』の若松節朗を、脚本に連続テレビ小説「おひさま」の岡田惠和を迎え、実力派スタッフ・キャストがタッグを組んでお届けする。父が最期に記した遺書の意味を考え続ける息子、父の死後、孤独から逃れられなくなる息子、父の遺志を継いで自分の使命を考え続ける息子…。父親を失うという絶望と闘い続けた少年たちが、27年の時を経て自分が父親になった時に気づく「生きてきた証」と「父と子の絆」を描く感動のヒューマンドラマ。

 

春、バーニーズで

春、バーニーズで

人間関係の機微を巧みに描く芥川賞作家、吉田修一と名匠、市川準の極上のコラポが実現。

会社員・筒井は、仕事先で出会った瞳と結婚する。瞳には離婚経験があり息子・文樹もいたが、瞳の母・正子、瞳の妹で売れない画家の紗江との関係も良好で、結婚生活に不満はなかった。しかしある時、まるで何かをあきらめてこの生活を選んでしまったような気にさせられてしまう自分に気づく。大きな不満や理由もないのに、別の人生を想像してしまう日々…。そんな春の昼下がり、家族で訪れた新宿のバーニーズ・ニューヨークで、筒井はかつて同棲していたオカマ・閻魔と偶然、再会する。そして、ふとしたはずみで、その過去を瞳に話してしまい…。

遠い日のゆくえ

遠い日のゆくえ

11年前に母を亡くした主人公、孝志は特殊清掃業で見習いとして働き出す

11年前に母を亡くし、空虚感を抱えて生きている主人公、孝志は特殊清掃業で見習いとして働き出す。淡々と死と向き合う日常のなかで、ある日孤独死した女性の遺品から日記を見つける。そこに記されていたのは、女性の若かりし頃の秘められた思いだった。しかし、日記を読み進めるにつれ、孝志は少女が背負っていた驚くべき秘密を知ることになる。「死にたい」と書かれた日記の最後のページ。孝志は心が揺さぶられるまま、少女の未来を探しに女性の故郷・金沢へと向かう。しかし孝志は、金沢で思いがけない真実を知ることになるのだった…。

人間昆虫記

人間昆虫記

人間の「性(さが)」と「業(ごう)」を問いただす究極の人間ドラマが誕生

あらゆる世代に絶大なる人気を誇る世界的漫画家・手塚治虫。数少ないダークサイド・手塚治虫の傑作のひとつがこの「人間昆虫記」。この作品が発表されたのは、日本が高度経済成長期の頂点を経て安定期に入った1970年。日本中が好景気に沸いた後の社会のひずみが一気に噴出した年であり、あくなき成長と物質への欲望が人間にとって最も重要なものなのかを、多くの日本人が疑問に感じ始めた時代の始まりでもあった。そのような時代背景の中、手塚治虫がひとりの悪女の生き方を軸に、人間社会のゴタゴタを昆虫世界になぞらえて描いた風刺ドラマがこの「人間昆虫記」だ。主人公の十村十枝子(とむらとしこ)は、女優、デザイナー、そして作家と、その欲望のまま、まるで昆虫が脱皮をくりかえすように次々と華麗な変身を続ける。しかしそれは彼女自身の才能ではなく、彼女に近づいた人間の才能を完璧に模倣したものだった。果たして彼女は神が作りあげた天才なのか、それとも…。ファム・ファタールともいうべき女とそこに群がる男たち。永遠に繰り返す自己と他者への愛情の裏表。「正義」と「悪」が表裏一体の時代に、繰り返さざるを得ない人間の罪。美波、ARATA、久世星佳、鶴見辰吾、手塚とおる、滝藤賢一、北村有起哉、中村敦夫ほか豪華キャストを迎え、40年の時を経て、人間の「性(さが)」と「業(ごう)」を問いただす究極の人間ドラマが誕生した。

プリズナー

プリズナー

無実の罪で半年間に渡って収監された著者の「P.I.P.プリズナー・イン・プノンペン」を映像化!

無実の罪で半年間に渡って収監された著者の壮絶な実話が話題を呼んだ「P.I.P.プリズナー・イン・プノンペン」をベースに映像化したヒューマン・サスペンス。原作は、東南アジアの警察官の汚職、日本大使館の見てみぬフリをする態度など、目を疑いたくもなる実態を赤裸々に描き出版まで1年以上も要した問題作。今回は、舞台を東南アジアの架空国“SERAIVIA(セライビア)”に移し、監獄からの脱出劇をスリリングにドラマ化する。無実の罪で投獄される主人公を『手紙』(06)でも囚人役を演じた玉山鉄二、事件を追う週刊誌記者に鶴田真由、怪しげな現地人に大森南朋が扮するほか、中村俊介、佐田真由美、小日向文世、松重豊、石黒賢ら豪華キャストが多数出演。また監督は、ドラマW「震度0」や『横山秀夫「ルパンの消息」』など群像劇を数多く手がけている水谷俊之、脚本は、『デスノート/デスノートtheLastname』(06)の大石哲也が担当する。本作は、東南アジアの混沌とした国が舞台のため、連続ドラマWシリーズでは初となる海外ロケを敢行。主要キャストをはじめ撮影陣が1ヶ月間に渡りタイに滞在し、リアリティー溢れる意欲作になっている。最後まで息つくことのできない騙し騙されのストーリーから目が離せない!

センセイの鞄

センセイの鞄

原作は、芥川賞作家・川上弘美が大人の恋愛模様を描いたベストセラー

月子(小泉今日子)は37歳でひとり暮らし。ひとり美味しいツマミと日本酒を楽しむマイペースな女性。ある日、行きつけの居酒屋で声をかけてきた初老の男性(柄本明)、それは高校時代の国語の担任だった。歳の差30以上、でも酒の肴の好み、人との距離の取り方、頑固な性格、よく似た2人はしばしば共に時を過ごすようになる。そしていつしか月子の中には、「センセイ」へのおさえがたい愛情が芽生えていた…。

理由

理由

宮部みゆきの直木賞受賞ベストセラー「理由」を大林宣彦監督が映像化

台風の夜、超高層マンションで4人の男女が惨殺された。家族と思われた被害者たちだが、実は赤の他人であることが判明し、捜査は混迷を深めていく。殺されたのは一体誰なのか。では、殺したのは? そもそもなぜ、事件は起こったのか。その「理由」とは? ごく普通の人々が、好むと好まざるとにかかわらず事件に巻き込まれ、やがてその証言が積み重なっていくにつれて、驚くべき真実が明らかになる…。

下町ロケット

下町ロケット

池井戸潤の直木賞受賞作「下町ロケット」を映像化

民放連賞、ATP賞ともに最優秀賞に輝いた連続ドラマW「空飛ぶタイヤ」のスタッフが送る社会派ドラマ。「その特許がなければロケットは飛ばない…。」町工場が取得した最先端特許をめぐる、中小企業と大企業の熱き戦いを描いた新時代の社会派ヒューマンドラマ。かつて研究者としてロケット開発に携わりながら、今は実家の小さな町工場を経営する主人公・佃航平に三上博史、ロケットエンジンの特許技術をめぐって主人公と相対する大企業の宇宙航空部部長・財前道生に渡部篤郎、特許裁判のスペシャリストとして佃を支える弁護士・神谷涼子に寺島しのぶ、ほか、池内博之、綾野剛、原田夏希、眞島秀和、光石研、小市慢太郎、水野真紀、古谷一行ら実力派キャストを迎え、夢と現実の間で戦い葛藤する者たちを丹念に描き出す。熱き情熱を胸に宇宙への夢を紡ぐ人々の感動の物語は、高い志を抱き、決して諦めず、誠実に努力を重ねることの大切さを改めて教えてくれるに違いない。

豆腐姉妹

豆腐姉妹

吉高由里子が一人三役に初挑戦!
異なる環境で異なる悩みを抱える三姉妹の心の成長を描く、クスッと笑えて、
ホロリと泣けて、明日への活力となるドラマ

共同生活を送る仲良し三姉妹。長女の絹代が朝食の支度をし、三女の由里子(吉高由里子)が起床したところに、キャバクラを終えた次女のもめんが帰宅するといういつもと変わらぬ朝食風景。
一方、No.1キャバ嬢として、豪快な接客を見せるもめん。そして若手人気女優として映画や取材に追われる順風満帆な由里子。 しかし、図書館司書の絹代は上司・石田との不倫を抱え鬱々とした日々を過していた。そんな絹代を影から見つめる挙動不審な男・田中が、絹代の日常に変化をもたらし始める。
その頃、空の彼方に高速で地球に近づく物体が!?

プラチナタウン

プラチナタウン

負のスパイラルの故郷に光を。突如町長になった男が前代未聞のプランで勝負!

舞台は高齢化が進む上に巨額の負債を抱える地方の町。そこを、高齢者が集まり思い思いに暮らせる“プラチナタウン”に変身させようという、夢のプロジェクトに挑む人々の姿を描く。エリート商社マンから故郷の町長に転身、町の再建に取り組む主人公を演じるのは大泉洋。映画「探偵はBARにいる」を大ヒットさせるなど、人気絶頂の大泉が、初挑戦のドラマWに新しい風を呼び込む。檀れい、渡部篤郎、柄本明ら豪華キャストが集結、脚本は「DEATHNOTEデスノート」の大石哲也、監督は連続ドラマW「下町ロケット」の鈴木浩介。大泉の故郷でもあるロケ地・北海道の美しい自然を背景に、町を復興させようと奮闘する人々の熱い挑戦と、人間ドラマが繰り広げられる。

 

警察ドラマ

震える牛

震える牛

企業の嘘を、喰わされるな。食品問題を追及した話題作

警視庁捜査一課・継続捜査班の田川信一(三上博史)は、未解決の「中野駅前 居酒屋強盗殺人事件」に疑問を抱き、捜査を始める。事件は5年前に発生。覆面姿の犯人が店員から金を奪い、店の奥で獣医師と暴力団関係者を殺害した。初動捜査での犯人像は金目当ての外国人。被害者同士の面識はなく、それぞれひとりで待ち合わせ相手を待っているところだった。地道な聞き込みを重ねた田川は、食肉加工会社・ミートボックスにたどり着く。さらに事件の直後、殺害された獣医師の部屋に空き巣が入り、2台のパソコンのみが盗まれていたことが発覚する。犯人の真の目的は金ではなく2人を殺害することだったのでは?捜査を進めていく中、田川はニュースサイトの記者・鶴田真純(吹石一恵)と再会する。鶴田も、読者から得た情報をもとに“裏に顔が利く”という悪評のあるミートボックスの食品偽装疑惑を探っているところだった。

血の轍

血の轍

刑事vs公安”それぞれの正義を貫く2つの組織と、
その間でもがく人間を描く群像ドラマ

東京の新宿牛込署管内の公園で、元警視庁の刑事・香川の遺体が発見される。捜査一課の兎沢(谷原章介)をはじめとする刑事部は元同僚の仇討ちを誓い捜査を開始。一方、被害者が元刑事だったことから公安部の曽野(高嶋政伸)も部下の志水(原田泰造)に秘密裏に真相を探らせる。公安は警察組織の信頼維持が治安の安定につながると考え、もし警察に不利となる案件が見つかった場合は事件を迷宮入りにすることも辞さない考えだった。警視庁特殊捜査班・坂上(TAO)のサポートにより、兎沢は死の直前の香川がある文書を作成し、データ入りのメモリーカードを山形県にいる元同僚の柏倉宛に発送していたことを知る。大量の人員と盗聴機、カメラを駆使して刑事部の動きを調べていた公安もこれを知りカード回収に動く。先にカードを入手すべく山形に向かった兎沢だったが、約束の時間に現われたのは柏倉の妻で、早朝に外出した夫と連絡がつかないことを告げられる。

ビート

ビート

実力派布陣で贈る、家族の絆の再生を描く異色警察ドラマ

警視庁捜査二課に勤める警部補、島崎(奥田瑛二)は頭を悩ませていた。現在調査中の日和銀行の粉飾決算疑惑の内偵情報を、自分の長男・丈太郎(奥村知史)が、日和銀行員で柔道部のOBでもある富岡(ウダタカキ)に漏らしてしまったからだ。丈太郎を守るため、組織を裏切る決意をする島崎だったが、その富岡が捜査中に何者かによって殺されてしまう。秘密が漏れる心配がなくなり安堵した島崎だったが、その殺人事件の容疑者として、自分の次男・真次(高良健吾)が突如捜査線上に浮上する。何もかも専制的で、規律、けじめ、厳しさばかりを追求する父親・島崎に反発し、今では高校も中退してブラブラしている真次ではあったが、まさか息子が人殺しを犯すとはにわかに信じられない島崎は、一人で真次の動向を調査しはじめる。果たして富岡殺しの真犯人は真次なのか?

同期

同期

同期の警察官の行方を追う若手刑事の奮闘を描く本格派警察ドラマ。

本庁捜査一課の刑事、宇田川(松田龍平)にはライバルがいる。同期の蘇我(新井浩文)だ。飄々とした上昇志向のない男だが、能力を買われて公安に引っ張られた。ところが、その蘇我が突然理由もなく懲戒免職となった。心配し、その行方を追う宇田川に、警察内部からの圧力がかかる。しかも、ある殺人事件の容疑者として蘇我の名前が…。初めて「警察組織」というものに疑いを抱いた宇田川の心の中で、かつてない熱い想いが湧き上がった。クビになってもいい。俺は、蘇我を助ける!

誘拐

誘拐

内閣総理大臣の孫が誘拐された。全く痕跡を残さない犯人に、大混乱に陥る警視庁

韓国大統領来日を控えた夏。歴史的な日韓友好条約締結を前に、警察が全勢力を挙げて大統領警護にあたるその裏で事件は起きる。現職総理大臣の孫娘が誘拐されるという前代未聞の事件。けっして直接コンタクトを取らず、いっさい痕跡を残さない犯人に、政府と警察は翻弄される。犯人からの要求は、日韓条約締結の中止と活動資金30億円。犯人は、どうやって30億円を手にするのか…。しかし、事件は意外な方向へと進んでいく。

人間動物園

人間動物園

原作は、直木賞受賞作家・連城三紀彦の「人間動物園」
冒頭から張り巡らされた「伏線」がハラハラドキドキを生むヒューマンサスペンス

疑惑渦中にある次期首相候補(江守徹)の孫が誘拐された。被害者宅は盗聴器が仕掛けられ、警察は身動きがとれない。その政治家の息子であり、誘拐された幼女の父親(山本太郎)は既に妻(小島聖)と離婚していたが、身代金を工面して元妻のもとへ向かう。そんな中、刑事(松本幸四郎)は事件の展開に不審を抱く。事件を裏で操っているのは誰か? 刑事がかつて関わった誘拐事件との関連は? そもそも、本当は誰が誘拐されたのか!?

 

社会派ドラマ

地の塩

地の塩

古学を材にとり、捏造問題、未解決事件などが
複雑に絡み合うヒューマン・ミステリー

神村賢作(大泉洋)は、歴史を覆す大発見をした勤勉な考古学者。彼が発見した塩名遺跡は、定説では日本に人類が存在しないとされる時代のものだった。遺跡が発掘された塩名町は、過疎化が進んでいたものの、一気に観光地として活性化する。神村のこの功績は、教科書編集者・佐久間里奈(松雪泰子)の尽力により、調査段階にもかかわらず歴史教科書にも掲載が決まる。里奈は、熱っぽく古代のロマンを語り、真摯に考古学と向き合う神村の人柄に惹かれる。文部科学省史料保存庁の次長・沢渡善三(陣内孝則)は、後輩にあたる神村の活躍を嫉妬しつつも見守っていた。そんな中、神村が新たに着手した発掘現場から13年前に行方不明となっていた女学生の人骨が見つかり、当時事件を追っていた刑事・行永太一(田辺誠一)は捜査を再開する。一方、教科書の印刷も刷り上がる頃、神村の学説に異論を唱える学者が里奈の元を訪れ、彼の発掘は捏造だとの話が持ち込まれる。

LINK

LINK

その時、運命はつながった―
物語が次々と連鎖し、壮大な群像劇へ発展するヒューマンミステリー

民間警備会社に勤める元警察官の寺原健(大森南朋)は、台湾での勤務中に急きょ日本へと呼び戻される。新たな任務は、民自党の幹事長・松岡孝典(武田鉄矢)の警護。松岡は歯に衣着せぬ物言いと熱い演説で支持を集めるやり手の政治家だが、反面で敵も多いと言われていた。その卓越した危機管理能力を買われた寺原は、松岡の警護を重ねるうちに政治の裏側を目にするようになる。一方、かつて内部告発をしたことが原因で高知地方検察庁に飛ばされていた検事の櫻井聡子(黒木瞳)は、元上司から、ある大物の起訴を目的とした辞令を受ける。久しぶりに古巣・東京地検特捜部へ帰任したものの、“仲間を売った女”として周囲からの目は冷ややかだった。そんな中、東京のあおば信用金庫の支店が爆破され、現金輸送車が襲われる事件が発生する。事件をきっかけに、寺原、松岡、櫻井と、あおば信用金庫に勤める石川亜紀(田中麗奈)につながりが生じる。さらに“リンク”は広がり、北海道の中学校教師・高島昭一(玉山鉄二)、東京の看護師・川本理恵(ミムラ)、大阪のアパレル会社に勤める沢田勉(田中直樹)が、思いがけない形で関わり合っていく。そして、そんな7人とIT企業社長のショーン(綾野剛)はどのようにつながっていくのか。

マグマ

マグマ

「ハゲタカ」の真山仁原作
実力派女優の尾野真千子主演による本格社会派ヒューマンドラマ

外資系ファンドに勤める妙子(尾野真千子)は、不振企業の再建を任される。その企業は、地熱エネルギーを供給・開発している地方の小さな会社だった。左遷ではないかと不満に思いながらも、事業を立て直すべく乗り込んだ妙子は、現社長の安藤(谷原章介)に経営状況を厳しく追及。社員リストラと赤字を出している研究所閉鎖による合理化を発表し、長年研究に命を燃やしてきた所長の御室(長塚京三)らの反発を受けてしまう。

再生巨流

再生巨流

左遷された男の葛藤と再生を描く

抜群の営業成績を上げながらも、スバル運輸営業部次長・吉野公啓(渡部篤郎)は左遷された。強引なやり方に上司の三瀬隆司(陣内孝則)らの反感をかっていたのだ。打ちのめされた吉野。だが自分と同じように挫折を味わう元野球選手のセールスドライバー蓬莱秀樹(中村蒼)との出会いを通して、心動かされていく。 達成困難な営業目標、やる気のない部下達、ライバル企業との熾烈な競争…。逆境をバネにし、画期的な物流システムの実現に向け、自らの再生をかける。

死刑基準

死刑基準

「死刑」に基準は存在するのか。
この難しい問いに真っ向から取り組んだ社会派ドラマ

司法試験に合格しながら大学法学部の講師となった水戸裕介(山本耕史)、死刑廃止論者の弁護士・大伴浩二郎(小澤征悦)、検事の永瀬麻梨子(戸田菜穂)。3人は共に司法を学び、それぞれ死刑に対する考えを持っていた。ある日大伴の妻が殺害され、彼に恨みを持つ鯖江申三(柏原崇)が逮捕される。大伴は今までの主張を覆し、鯖江の死刑を求める。このことをきっかけに水戸は弁護士に転身。しかし最初に弁護することになったのは鯖江だった。

推定有罪

推定有罪

冤罪事件の当事者だけでなく、
さまざまな立場の人々の姿を描く、社会派人間ドラマ。

近年、DNA鑑定技術などの進歩で、過去に起きた事件に新たな事実が分かるケースが発生している。その中でも、多くの人生を狂わせるのが冤罪だ。冤罪のもたらす悲劇は、真の犯人を取り逃がしてしまうこと、そして、犯人と間違われ罪を着せられた人間の苦痛。さらには、事件の被害者や、その周囲の人々、罪を着せられた人間の周囲の人々など、たくさんの人に影響を及ぼしていく。連続ドラマW「推定有罪」は、冤罪事件の当事者だけでなく、遺族、警察、裁判所、弁護士、報道関係者など、さまざまな立場の人々の姿を描く、社会派人間ドラマである。連続ドラマW「空飛ぶタイヤ」(2009年)、「下町ロケット」(2011年)で高い評価を得た、脚本・前川洋一、監督・鈴木浩介のコンビで、冤罪の本質的な罪深さに迫る。

レディ・ジョーカー

レディ・ジョーカー

1984年の「グリコ・森永事件」から着想を得たと言われる、
髙村薫の同名小説をドラマ化。

1984年の「グリコ・森永事件」から着想を得たと言われる、髙村薫の同名小説が待望のドラマ化。原作は単行本と文庫を合わせた累計発行部数が100万部を越えるという大ベストセラー小説で、ビール会社社長の誘拐に端を発し、大企業の舞台裏や社会問題などに切り込んだ社会派サスペンスだ。犯行グループを追う合田刑事を演じるのは上川隆也。企業のトップとして事件に直面するビール会社社長を柴田恭兵が演じる。また、監督・脚本など制作スタッフには、2010年に放送され好評を博した連続ドラマW「マークスの山」のメンバーが集結し、髙村薫ワールドに再び挑む。社会的強者と弱者、それぞれが抱える問題を全7話にわたり丁寧に描いていく。2012年11月には映画『黄金を抱いて翔べ』も公開されるなど髙村薫作品に、今注目が集まっている。

空飛ぶタイヤ

空飛ぶタイヤ

巨大組織の暗部とそれに立ち向かう人々を描いた社会派ヒューマンサスペンス

原作は「果つる底なき」で江戸川乱歩賞を受賞するなど、数々の話題作で知られる池井戸潤。銀行出身の知識を生かした経済小説や、徹底した取材によるリアリティで幅広いジャンルを手掛ける実力派の作家であり、本作「空飛ぶタイヤ」は、テーマや構成、リーダビリティの巧みさなどが評価され、第136回直木賞の候補にもなった話題作である。出演陣も話題作に相応しい顔ぶれが揃った。主人公の運送会社社長・赤松には、ドラマ「チーム・バチスタの栄光」、映画「K20」と目覚しい活躍を続ける仲村トオル。赤松と対峙する自動車会社の課長・沢田に、大ヒット映画「ハッピー・フライト」での主演も記憶に新しい田辺誠一。銀行マンとして厳正な審査を行おうとするホープ銀行調査役・井崎には、実力派の呼び声高い萩原聖人。事件の鍵を握る雑誌記者・榎本には、独自の演劇ユニットを立ち上げるなど精力的に活動を続けている水野美紀。全ての秘密を握る自動車会社常務の狩野には、2008年だけで9本の映画に出演するなど、近年目覚しい活躍を見せる國村隼。その他にも豪華なメンバーが集結。また、監督は、WOWOWでの放送後に映画公開もされたドラマW「長い長い殺人」の麻生学が、満を持して連続ドラマWの初メガホンを取る。真相は隠され、大企業の圧力に屈しそうになりながらも自分の信念に基づいて闘うことを選択する主人公と登場人物、それぞれの立場における責任と正義。オールスターキャストでおくる社会派ヒューマンサスペンスドラマ。

宮部みゆき「パーフェクト・ブルー」

宮部みゆき「パーフェクト・ブルー」

観る者を捕らえて離さない極上の社会派ヒューマンミステリーの誕生

事件は高校球児の殺人事件に始まる。殺された彼の父である諸岡三郎(石黒賢)から、もうひとりの息子である弟の進也(中村蒼)の捜索を頼まれていた探偵事務所の加代子(加藤ローサ)は、進也にかけられた兄殺しの容疑を晴らすべく、所長である父・浩一郎(宅麻伸)、愛犬のマサと真相の究明に乗り出す。時を同じくして、巨大製薬会社である三友製薬内でも事件が起きていた…。徐々に繋がりを見せる2つの事件…。

CO 移植コーディネーター

CO 移植コーディネーター

リアリティ溢れるスリリングな本格社会派ドラマ!

2010年7月、改正臓器移植法が施行され、年齢に関係なく、本人の拒否がない限りは、家族の同意で臓器の提供ができることになりました。そんな中、注目をあつめているのが「移植コーディネーター」という仕事。このドラマは吉岡秀隆扮する移植コーディネーターが、法改正という変化の中で、様々な思惑に振り回されながらも、国内初の6歳の心臓移植を成功させるまでの物語です。“子供の虐待問題”や“利権を狙う病院側の陰謀”など様々な問題が浮かび上がる臓器移植。この物語は、取材を元にフィクションで作られた、リアリティ溢れるスリリングな本格社会派ドラマであり、かけがえのない命に関わる人々の葛藤や闘いを描いた人間ドラマです。

 

ラブストーリー・その他

三谷幸喜「大空港2013」

三谷幸喜「大空港2013」

帰省先の佐賀から東京に戻る途中だった田野倉一家は、
天候不良で羽田空港へ…。

天候不良のため飛行機が松本空港に緊急着陸する。空港職員の大河内(竹内結子)は乗客の誘導をすることに。弁護士の守男(香川照之)は同じ飛行機に乗っていた女・百合子(戸田恵梨香)と話すため、家族に隠れ大河内に部屋を用意させる。一方、守男の妻・美代子(神野三鈴)は偶然再会したパイロット・国木田(オダギリジョー)に心ときめく。その頃、美代子の兄・蔵之介(生瀬勝久)は守男への金の無心を画策していた。

xxxHOLiC~ホリック~

xxxHOLiC~ホリック~

発行部数累計1200万部!
クリエイター集団CLAMPによる人気作を、初の原作完全実写化!

アヤカシを惹きつける血を持つ少年、四月一日君尋(わたぬききみひろ=染谷将太)。彼は、アヤカシを視たり、憑かれてしまう体質を持っていることに悩みを抱いていた。ある日、“ミセ”と呼ばれる妖しい屋敷に迷い込んだ四月一日は、女主人の壱原侑子(いちはらゆうこ=杏)と出会う。侑子は、来訪者の願いを“対価”と引き換えに不思議な力でかなえることができるというのだ。侑子は、四月一日が自分に願うように促し、その“対価”として半ば強制的に四月一日をバイトに雇う。四月一日はバイトをする中で、悩みを抱えた人間や人でない者等の不思議な客と出会い、奇怪な出来事に遭遇していく…。

女と男の熱帯

女と男の熱帯

ラブストーリー、社会派ドラマ共に数々の名作を手がけた人気脚本家・野沢尚の渾身作

ドラマ「眠れる森」「恋人よ」「砦なき者」など、ラブストーリー、社会派ドラマ共に数々の名作を手がけた人気脚本家・野沢尚。2004年にこの世を去った野沢尚が生前、温めていた渾身の企画を映像化した全6話。現代社会という過酷な“熱帯”で巡りあった女と男が愛を育み、社会の闇へ走り出すさまを描く。“日本企業の暗部”“ジャーナリズム”などが絡み合う大人のラブサスペンスだ。テレビ局の記者としてスクープを狙う女性・苑子を演じるのは、ドラマW初出演となる藤原紀香。そして苑子の取材対象者で、社会の陰謀により家族を殺され復讐を誓う男・進藤を渡部篤郎が熱演する。脚本に相沢友子(ドラマ「恋ノチカラ」ほか)、演出に生野慈朗(ドラマ「愛していると言ってくれ」ほか)を迎え、実力派キャスト&スタッフで、野沢尚のハードボイルドな世界に彩りを加える。

蒼い瞳とニュアージュ

蒼い瞳とニュアージュ

人の「心の中」を誰よりも深く読み取り事件を解決するサイコ・エンターテインメント作品

歌舞伎町のキャバクラで立てこもり事件が発生、犯人がその場で自殺する。キャバクラ嬢たちは警察に保護され、PTSD予防のケアを臨床心理士・一ノ瀬恵梨香(深田恭子)が担当することになった。派手なファッション、自由奔放な恵梨香に警察や司法関係者は面食らうが、彼女は驚くべき能力で事件の背景を素早く見抜いていくのだった。その頃警察庁では、爆弾テロ予告と青酸カリばら撒き事件の捜査が難航しており…。

Go Ape ゴー・エイプ

Go Ape ゴー・エイプ

現代社会の縮図とも言える不条理な暴力の応酬を描くヴァイオレンスアクション

本作は記念すべき第1回WOWOWシナリオ大賞受賞作品。夜の公園で高校生たちに理由なく襲われたしがないサラリーマン・尾子(岸谷五朗)。彼はその中でも自分を見下すように見ていた少年・由紀夫(城田優)に、腹の底から湧き出る怒りを覚える。やがて尾子は順番に少年たちへの復讐を始め、遂に由紀夫に襲い掛かる。恐怖に脅えながらも尾子を迎え撃つ由紀夫。公園での尾子襲撃の際、直接手を出さず仲間の傍にいただけなのに、自分に襲いかかった尾子に強い怒りを覚える由紀夫。些細な誤解から始まった2人の争いは徐々にエスカレートしていくが…。

向田邦子 イノセント 隣りの女

向田邦子 イノセント 隣りの女

向田邦子が描いた、イノセント(=罪のない)なむきだしの愛が現代に蘇る!
普通の主婦に隠された女の嫉妬心をあぶりだす、衝撃の官能サスペンス

主婦のサチ子は、マンションの隣室にひとりで住む峰子を無理心中から救い出す。美術ギャラリーを経営する峰子が暮らしている部屋は、パトロンに用意されたもの。サチ子は以前から峰子と親しくしていたが、複数の男と遊び、好きな仕事を楽しんでいる峰子の生き方に、ひそかに強いねたみを感じてもいた。やがて、サチ子の中に、禁断の欲望が湧き上がってくる…。

向田邦子 イノセント きんぎょの夢

向田邦子 イノセント きんぎょの夢

妻がいる男性を愛してしまった女の、幸せと悲しみを描くエロティックで切ないラブストーリー

小さなイタリアンレストランを持つシェフの砂子は、家庭のある殿村と不倫関係にあった。自分のことを愛し、離婚を約束してくれている殿村と幸せな時間を過ごす砂子。だが殿村は、妻のみつ子にはまだ離婚のことを言い出せないでいた。そんな中、砂子の店にみつ子から、ひとりで来店するという予約の電話が入る…。

向田邦子 イノセント 三角波

向田邦子 イノセント 三角波

結婚を決めた女にすり寄る"もうひとりの男"。向田邦子のイメージを覆す、刺激的な異色作

結婚を目前に控えた女が、“もうひとりの男”の存在に振り回される。商船会社で働く巻子は、年上の同僚・達夫との結婚を控え、幸せに準備を進めていた。同僚で、達夫の学生時代の後輩でもある波多野に、結婚のことを報告した2人。ところが、ショックを受けた様子の波多野は、巻子に結婚を考え直すよう迫るなど、徐々に行動をエスカレートさせていく。困惑する巻子は、やがて波多野の行動に隠された意味を知る…。

向田邦子 イノセント 愛という字

向田邦子 イノセント 愛という字

愛の残酷さと温かさを繊細に描いた感動作

大学生の息子が巣立ち、夫と刺激のない日々を過ごす専業主婦の夕子は、携帯電話の取り違えがきっかけでデザイナーの新木と知り合う。病気の疑いがあり死の影におびえる新木に誘われ、後ろめたい気持ちを抱えながらも2人でたびたび会うようになった夕子。日々の倦怠感を破る“彩り”に浮き足立つ中、新木の妻から連絡があり、夕子にある提案をする。

都市伝説セピア フクロウ男・アイスマン・死者恋

都市伝説セピア フクロウ男・アイスマン・死者恋

個性派出演陣の高度な融合で、視聴者を衝撃のノスタルジックホラーの世界へ誘う!

自ら生み出した都市伝説に飲み込まれていく男の狂気を描いた「フクロウ男」、心に傷を負った少年と「河童の氷漬け」という見世物の運命的な交錯の物語「アイスマン」、死者の画だけを描き続ける女流画家に纏わる女たちの対決を映し出した「死者恋」。これらは、一見、不可思議で奇妙な別世界の住人たちの物語かもしれません。けれども実は現代社会のある断面を切り出し、あなたの深層心理に潜む闇を引き出す力があるのです。驚きに満ちた衝撃の異空間へ、ぜひ、お越し下さい。

巷説百物語 飛縁魔

巷説百物語 飛縁魔

堤幸彦が京極夏彦の人気シリーズを映像化したスタイリッシュ時代劇!
絶世の美貌で男を虜にし、やがてはとり殺す。それが飛縁魔(ひのえんま)

江戸の街で、黒こげ死体が夜な夜な発見される。色街で評判の白菊という女の仕業との目撃情報もあり、白菊の行く所行く所に火事が発生し姿を消していた。その美貌で男を虜にし、やがてはとり殺す“飛縁魔(ひのえんま)”ではないかと、又市たちが真相の解明に動き出すが…。